女医

下肢静脈瘤は名医のいる病院で治療する|医療のプロサポーター

がんは早期発見が重要

看護師

がんが小さいうちに切除

日本人は胃がんが多かったのですが、第二次世界大戦後の食生活の欧米化によって大腸がんの患者が増加しています。大腸がんは切除をしても人工肛門による生活面への影響や肺などへの転移が問題になっています。野菜や魚を中心として食生活にすれば良いのですが、生活スタイルの欧米化は戻ることはありませんので大腸がんを引き続き増加傾向を示すことは間違えありません。大腸がんは早期発見して切除すれば転移を防ぐことが出来ます。小さいうちに切除をすることで周辺のリンパ節への影響を防ぐことが転移予防に繋がります。特に直腸の場合には人工肛門を患者が嫌うために肛門を温存する手術を行うとリンパの部分を完全に切除できないで転移するケースが散見されています。

ファイバーの検査を実施

一般的に大腸がんの検査は潜血反応の検査で行います。潜血検査で陽性になった場合には注腸検査を行って詳細に調べます。しかしながら注腸検査では分からない場合もあるので、出来ればファイバースコープで直接調べることが重要です。ファーバースコープの検査を行えばポリープの状態を見ることが出来、切除できる大きさであればその場でレイザーで切除することが出来ます。出血が無ければそのままにしますし、出血してもクリップで止めておけばすぐ直ります。アルコールや運動はしばらく控えなければなりませんが二週間程度で十分です。ポリープの細胞を検査することでがん化しているかどうかが判ります。がん化していなければ問題はありませんが、その後も定期的に検査をすることが重要です。

下肢静脈瘤という病気

大腸がんなどの病気は多くの人に知れ渡っているものですが、下肢静脈瘤はあまり知られていないと予測されます。下肢静脈瘤は聞き慣れない病気ですが、これは女性の発症率が多い病気だといえるでしょう。下肢静脈瘤の症状としては足がつりやすい他、血管がボコボコして浮いてきた際は下肢静脈瘤の可能性が考えられます。そのため治療を受ける必要があり、名医のいる病院を訪れると良いでしょう。下肢静脈瘤の治療を得意としている名医は、全国にいるわけではないのです予め注意が必要です。名医のいる病院を探すのであれば、インターネットや口コミ情報を参考にすると良いです。

骨吸収を抑制する薬

女性医師

高齢者は骨密度が下がることで、骨粗鬆症となり、骨折を引き起こしやすくなります。骨粗鬆症の予防としては、エストロゲンと同様の作用をする薬を服用したり、カルシウムが効率良く吸収されるカルシウム剤なども飲みます。日頃から、骨密度に気をつけるようにしましょう。

View Detail

神経痛の時に疑う病気

病院

後縦靱帯骨化症は脊椎を構成する骨を連結している後縦靱帯と呼ばれる組織が骨化し、脊髄を圧迫することで起きる病気です。手足の痛みや痺れ、運動障害などが主な症状です。治療法は軽度の場合は保存療法が、重度の場合は外科手術が基本となります。

View Detail

セカンドオピニオン

ナース

ヘルニア手術の名医は手術をするかしないかのメリットデメリットを明確ににしてわかりやすく説明する医師の事です。手術で完治させなくても生活に溶け込んだ方法で筋肉を鍛える事ができれば家庭にいながら過ごせます。

View Detail